* ドッグウッド(dogwood)宮城県仙台市〜被災した犬の保護活動〜
千葉県鎌ヶ谷市の竹内ブリーダーです。

東日本大震災で被災した犬の保護活動をやっている
宮城県仙台市のドッグウッド(dogwood)の我妻さん。

10年程前に、私が仙台まで行って、ミニチュアダックスの子犬を
もらった事がきっかけでお付き合いが始まり。その後は、旦那さんが
新幹線で上京してきた際に、車に乗せて移動を手伝ったり
トイプードルの交配依頼で数頭、千葉まで空輸して来たり、
こちらからトイプードルやゴールデンレトリバーをお渡ししました。
(そのゴールデンは血液の状態がよく、輸血犬として活躍しているそうです)

東日本大震災で安否が気になり、1ヶ月ほど前に連絡を取ったら
『幸い、仙台のお店は大丈夫だけれど、被災した犬の保護活動を始めた』
と言う話を聞き、その状況をドッグウッドのブログで拝見して、
『物資が何もないから、協力してもらえればありがたい』と言う事で
家にある物資をかき集め、仙台市に送りました
犬救援物資画像

ボランティアなんて、ほとんど興味はありませんでした。
ドッグウッドのブログの様子から、何か力になれればと思ったのですが
こちらもブリーダーを本業でやっているので、すぐに家を空けて
手伝いにも行けず、また4月15日までの社員の勤務も決まっていたので
4月19日20日に行けるようシフトを組んで、18日の夜に千葉を出発しました。

その後、保護活動の状況がテレビや雑誌等のメディアで取り上げられ、
支援物資が全国からたくさん集まり、私が行く数日前の段階では、
一部の物を除いて大丈夫と言う話で、強いて言うならボランティアさん達の
食材かなと言う事だったので、野菜等を買って持参しました。
持参支援物資画像


この日は、気温が低い上に、雨が降り続く状態でした。
奥さんと会うのは数年ぶりだったので少し話をして、活動に取り掛かりました。
物資がたくさん届くので、まずはダンボール等の片付け。結構な量です。
ダンボール等のゴミ画像


次に保護している犬をフィールド(ドッグラン)に出して、散歩と排泄の作業。
滞在中は、雨が予想されていたのでレインコートと長靴持参です。
(ドッグウッドではレインコートや長靴は用意されていました)
ドッグウッドフィールド画像

少し昔、自分の犬を10数頭まとめて散歩させていたので
(TVに映った事があり)、そんな感覚でいたら、ここでは1人1頭ずつ、
極力、犬同士は接触はさせないようにが原則でした。
ドッグウッドフィールド画像

色々な犬が不安定な気持ちで集まっています。
預かった犬がケンカになって、ケガをさせるわけにはいきません。
被災した保護犬画像
被災した保護犬画像


雨はみぞれから雪に変わり、
ドッグウッドフィールド画像
ドッグウッドフィールド画像
ドッグウッドフィールド画像

その場にいるボランティアの人達から、何をすべきか聞きながらの
作業だったので、最初はやるべき事がよく分からず、
もどかしい状況に加えての悪天候。
犬の世話は仕事柄全く平気でも、ルールが分からないので勝手な事を
するわけにも行かず、夕方の時間帯が、個人的に少し辛かったです。

その後、夕食が用意されて、皆さんと一緒に食事をしながら、
食事画像

我妻さんにここまでの経緯やブログを見て色々な所から集まった
ボランティアさん達の気持ちを聞き、やるべき事が結構見えました。
ドッグウッド内画像
ドッグウッド内画像

雪が降りしきる中、21時過ぎにも犬出しです。
ドッグウッドフィールド画像

帰られたボランティアさんもいて、人数が少なくなり、扱う犬も増えて、
一番きつい状況のはずが、精神的にやる気満々(笑) 
不思議と寒さも体力も夕方より楽に感じました(バカ?)
被災した保護犬画像
被災した保護犬画像
被災した保護犬画像
被災した保護犬画像
被災した保護犬画像
被災した保護犬画像
被災した保護犬画像

終わったのは23時過ぎでした。
ドッグウッド内画像


ドッグウッドでは、車で10分程の所に滞在しているボランティアさん用の
アパートを用意してくれていて、この日は7人がアパートに泊まりました。

8時半前にドッグウッドに集合。朝礼を開き、注意点等の確認。
もちろん、犬の健康状態の連絡もあり、きちんとしていました。
ドッグウッドボランティアスタッフ画像

昨日の雨雪で、フィールド(ドッグラン)は所々水溜りが出来ていたので
ドッグウッドフィールド画像

スポンジを使って人海戦術で、水を吸収。もちろん私も参加。
ドッグウッドフィールド画像
ドッグウッドフィールド画像

これも大変な作業ですが、個人的にはこっちの方が楽しかったかも(バカ?)
炊き出しに来ていた石原軍団に対抗した、命名:芋沢の長靴軍団。
私はオレンジのレインコート着てます

作業の合間に、保護した犬のお散歩&排泄。排泄した後は石灰水を流します。
レディ@ゴールデンレトリバー
ゴールデンレトリバー成犬画像

ジョン@ミックス
イエローラブラドール成犬画像

ポパイ@黒ラブ
黒ラブラドール成犬画像

ナナ@ミックス
雑種成犬画像

シロ@雑種
雑種成犬画像

コーリン@雑種
雑種成犬画像

ラム@ゴールデンレトリバー
ゴールデンレトリバー成犬画像

フィールド(ドッグラン)の水を、だいぶ吸収させました。
ドッグウッドフィールド画像

私の担当は中型・大型犬だったのですが、保護された小型犬も多かったです。
ミニチュアダックス成犬画像
小型犬画像


当初は夕方まで手伝おうと思っていたのですが、
石巻市で被災した私のお客様の犬の保護に行く大事な予定があり
お昼で上がらせてもらいました。その話はまた明日。

見ず知らずの場所だったら、被災した犬の保護活動で行く事はなかったです。
1泊2日のボランティア体験みたいな程度で、本当に申し訳ない・・・。
でも、こういう現場に少しでも携われた事が嬉しかったです。


ボランティアで来ていた人達は素晴らしい人達ばかりでした。
写真がある人だけの紹介。

クドウさん:ご実家が仙台市なのですが、実家に行く前にドッグウッドに参加。
フジイさん:アウトドアの達人でありながら、ハンドラーやトリミングも出来る。
サノさん:IT系の頭脳派社長。42歳にしてプチ隠居。
      高校時代はインターハイで松岡修造と対戦した事も。
ドイさん:フリーのライター。アパートで同室。夜中足が攣って叫んだらしく
      全く気が付かずスミマセン。いつかうちにも取材に来て下さい(笑)
スズキさん、クサノさん
ドッグウッドボランティアスタッフ画像

オオウチさん・アニマルセラピー専門。他のお店で店長をやっていて
         今はドッグウッドのスタッフです。
ハラさん:4/1に宮城県の被災地入り、8日間お風呂に入らず頑張り
      10日間炊き出しの手伝い。その後、ドッグウッドに参加。
      一度、帰宅して、またドッグウッドに参加。スーパーな男性です。 
ドッグウッドボランティアスタッフ画像

ムライさん:ボランティアの長。お世話になりました。
フジイさん:兵庫県から10数時間バスに乗り、8日間ボランティアに参加。
ツボさん:ドッグウッドのしつけの園長
ハヤシさん:某TV局の制作からライターに転向。10日間ボランティアに参加。
ドッグウッドボランティアスタッフ画像

そして、ドッグウッドのBOSS@我妻さん、
一番スーパーな男性・・・いやおじさん(笑)
彼の行動力は数え切れない犬猫、飼い主さんを助けて来ました。
この日は気仙沼市に預かりの猫をお届けに向かいました。
ドッグウッド号画像

我妻夫婦、ドッグウッドのスタッフの方々、一緒に活動したボランティアの皆さん
本当にありがとうございました。


この後私は、石巻市のお客様のミニチュアダックスの保護に向かいました。


(有)A HAPPY DOG LIFE 竹内大二


JUGEMテーマ:被災した犬の保護活動 
2011.04.21 Thursday * 22:17 | 主人 | - | -
<< トイプードルレッドの子犬メス、生後5週 | main | ミニチュアダックスのチョコタン、ちゅら君里帰り >>