* ブルドッグの子犬
昨日は、なんと1063アクセスもありました

先月27日に1002アクセスで、この時は、メルマガの影響があったのですが、
今回は何も要因がないので、嬉しいです

でも実は、今月2日は1162アクセスもあって

午前11時〜12時の1時間に450アクセスもあって、明らかに異常値だったので
高橋名人が16連射した疑いもありました


4月10日に生まれたトイプードルの子犬の断尾をしに
主人が動物病院に行ったのですが
急患で、帝王切開のブルドッグが入って、病院内では慌しくしていたそうです

『ブルドッグは帝王切開が当たり前だから、仕方ないか・・・』と思い
待っていたら、衝撃的な事実が発覚

なんと、そのブルドッグの相手の犬は、同じブルドッグではなく・・・















トイプードル

なんでも、一般の人がブルドッグとトイプードルを飼っていて
かかっちゃったか(偶然交配してしまったと言う意味です)
意図して交配したかは分からないのですが、
信じられない組み合わせです

どんな子が産まれたのか見てみたかったですが、
残念ながら、写真はありません

そしてこちらは、主人が7年位前にお渡しをした純血のブルドッグ



主人の知人ブリーダーの繁殖で、イギリス系のブルドッグとの事です
きっと、犬質の良いと言う事なんでしょうが・・・
私には、このふてぶてしい感じが可愛く思います


JUGEMテーマ:ブルドッグ
 
2009.04.16 Thursday * 22:39 | フレンチブルドッグ | - | -
<< チョコレートのラブラドールの子犬達 | main | 予定日よりも1週間早いトイプードルの出産 >>